ブラックジンジャーが、 ファットバーニングサイクル (FBC)を加速します!

知ってました? 脂肪は燃焼させるだけでは 減らないんです!

食事制限や運動、 ダイエットサプリ、 いろいろ試しているのに 脂肪がなかなか減らない… そんなお悩みはないですか?

実は、脂肪は燃焼させるだけではなかなか減らないんです! 脂肪を確実に減らすためには、 (1)脂肪の分解 (2)脂肪の運搬 (3)脂肪の燃焼 (4)脂肪の蓄積の抑制 この4つのステップすべてをうまく回すことが必要なんです。
この「分解」「運搬」「燃焼」「蓄積の抑制」の4つのステップ、 それが、 脂肪を減らすためのメカニズム ファットバーニングサイクル (fat burning cycle) なんです!

しかし、よくあるダイエットサプリは、この4つのステップのうちの1つだけに作用する場合がほとんどで、それだと脂肪はなかなか減らないんです。

脂肪を減らす秘訣は、
ファットバーニングサイクル
FBC

脂肪の 分解・運搬・燃焼・蓄積の抑制

脂肪を燃焼させるためには、その前に脂肪を分解する必要があります。また、脂肪を分解したとしても、それが全部燃焼されるわけではありません。分解した脂肪をミトコンドリアに届けなければ、脂肪は燃焼されません。さらに、無事にミトコンドリアに取り込まれた脂肪が燃焼したとしても、またあらたに脂肪が蓄積されてしまうから、脂肪はなかなか減りません。脂肪を効率よく減少させるためには、脂肪の「分解」「運搬」「燃焼」「蓄積の抑制」のサイクルすべてをうまく回すことが重要です。

脂肪消費の決め手は ファットバーニングサイクル

この、脂肪の「分解」「運搬」「燃焼」「蓄積の抑制」のサイクルのことをファットバーニングサイクル(fat burning cycle)と言います。ファットバーニングサイクルをうまく回すことにより、効率よく脂肪を減らすことができるのです。

ファットバーニングサイクルの ステップ1 脂肪の分解

お腹がすいたり運動したりしてエネルギーが不足しはじめると、体内に蓄積された脂肪が分解されていきます。分解された脂肪は脂肪酸となって血液の中に放出され、体じゅうを巡ります。この現象を「脂肪動員」と言います。脂肪がエネルギーとして使用される前の準備段階と言えますが、この状態ではまだ脂肪が消費されたわけではありません。消費されなかった脂肪酸は、ふたたび脂肪細胞に取り込まれて、エネルギー不足になった際のエネルギー源として体内に蓄積されるのです。

脂肪の分解を促進する食品素材、ブラックジンジャー共役リノール酸(CLA)

ファットバーニングサイクルの ステップ2 脂肪の運搬

脂肪が分解されると脂肪酸となり、アルブミンというタンパク質と結合して血液の中を運ばれ、身体中の組織に届けられます。組織の細胞に届けれらた脂肪酸はまず、アシルCoAシンテターゼという酵素によってアシルCoAに変わります。しかし、このアシルCoAはそのままでは燃焼機関であるミトコンドリアの内膜を通過することができません。そこで、一旦、カルニチンと結合することによってミトコンドリア内へと取り込まれ、再びアシルCoAに戻るのです。つまり、脂肪の燃焼機関であるミトコンドリアに脂肪酸が届けられるためには、カルニチンが必要なのです。カルニチンはいわば、分解された脂肪を燃焼炉に届けるための運搬役なのです。

脂肪の「運搬」を促進する食品素材、L-カルニチン

ファットバーニングサイクルの ステップ3 脂肪の燃焼

血液の中を運ばれてきた脂肪酸は、カルニチンによって無事にミトコンドリアに届けられることになります。ミトコンドリアは、脂肪を燃やしてエネルギーを生み出す、いわば「脂肪発電所」のようなもの。なので、ミトコンドリアをしっかりと働かせることが効率的な脂肪の消費につながるのです。ミトコンドリアは全身の細胞に存在しますが、特に多いのは筋肉です。筋肉が少ないと、それだけミトコンドリアによる脂肪の燃焼も少なくなり、太りやすい体と言えるのです。

脂肪の燃焼と筋肉増強を促進する食品素材、ブラックジンジャー共役リノール酸(CLA)

ファットバーニングサイクルの ステップ4 脂肪の蓄積の抑制

「太る」ということ、それはつまり、脂肪が蓄積する、ということです。エネルギーが不足した時のエネルギー源にするために蓄えておくためのものなので、脂肪の蓄積そのものがすべて悪いということではないのですが、脂肪の蓄積が過剰になり肥満といえる状態までくると、生活習慣病などのリスクが高まり、様々な健康上の不具合を引き起こす可能性が高まります。脂肪の蓄積はエネルギーが過剰な状態で起こります。食事で直接摂られた脂肪や、余分に採られた炭水化物などが体内で脂肪となり、脂肪細胞に蓄えられることになるのです。蓄積される脂肪と蓄積された脂肪の消費のバランスが取れていれば問題ないのですが、運動不足や加齢による基礎代謝の低下によって脂肪の消費が停滞すると、脂肪の蓄積が過剰に進むことになります。そうなると、蓄積されすぎた脂肪の消費を促進したり、あらたな蓄積を抑制することが大切になってきます。いわゆるダイエットの必要性です。適度な運動とコントロールされた食事により、脂肪の蓄積と消費のバランスを心がけましょう。

脂肪の蓄積の抑制に役立つ食品素材、ブラックジンジャー共役リノール酸(CLA)

ブラックジンジャーと L-カルニチンの組み合わせ が効果的

よくあるダイエットサプリは、ファットバーニングサイクルの4つのステップのうちの1つだけに対応している場合がほとんどで、それだと脂肪はなかなか減りません。そこで、「ファットバーニングサイクル」をうまく回すための食品素材、それが、「ブラックジンジャー」と「L-カルニチン」の組み合わせなんです! ブラックジンジャーひとつで、脂肪の分解、燃焼、蓄積抑制の3つに働きかけ、Lーカルニチンが脂肪の運搬をサポートするので、ファットバーニングサイクルの4つのステップが一気に加速するのです。 ブラックジンジャーたった1つで 「分解」「燃焼」「蓄積抑制」 の3つに働きかけ、 Lーカルニチンが 脂肪の運搬をサポートするので、 ファットバーニングサイクルの 4つのステップが 一気に加速するのです!

脂肪の減少には、脂肪の「分解」「運搬」「燃焼」「蓄積の抑制」の4つが重要ですが、その脂肪の「運搬」をサポートするのがL-カルニチンです。蓄積された脂肪が分解されると、その分解された脂肪酸は細胞内のミトコンドリアに運ばれて燃焼されることになるのですが、L‐カルニチンはその脂肪酸と結合することにより、ミトコンドリアに脂肪酸を運ぶ役割を果たすのです。脂肪の運搬を担うL-カルニチンと、脂肪の「分解」「燃焼」「蓄積の抑制」を担うブラックジンジャーを組み合わせることにより、ファットバーニングサイクル(FBC)を加速することができます。

脂肪の運搬を促進する食品素材、L-カルニチン

ファットバーニングサイクル 関連素材の機能比較

4つの機能すべてに作用するような万能な食品素材はありません。複数の素材をうまく組み合わせ、運動によってファットバーニングサイクルを加速させるのが一番のオススメです。

成分 脂肪分解 脂肪運搬 脂肪燃焼 蓄積抑制
ブラックジンジャー  
L-カルニチン      
共役リノール酸(CLA)  
コエンザイムQ10      
ガルシニア      
ページのトップへ